技術の壁により、今まで断念していた

・地面判定によるジャンプを駆使したアクション
・他オブジェクトとの連携
・やられ時の、フルスクリーン表示

が可能になりました。


それにより作業量は膨大になりました&マップも長くできました
……が、価格は、今までより抑えめです。